ledcannon’s diary

美作古書店

子供ながらに思ったのは良いことや悪いことをした事によって行き先が異なると言うのは正直、大好きな両親と離れ離れになる可能性があるんじゃないかと言うこと。
自分がいくら徳を積んで天国に迎え入れられても愛する家族とバラバラにされて自分だけ良い思いができても幸せではないよね、という事。
幼稚園の年長さんの頃から小学校1年生の半ば位まで死について考える日々が続いた。
要因は叔母の結婚式参列するのに飛行機に乗った事だと今は解釈してる。
雲の中に突っ込んでいくイメージとそんな中で光が見えてくるイメージと其れらが強烈に残っている。
天国は飛行機でも行けないくらいの高みにあると誰かに教わった。死に関して考える事はいつしかなくなった。
小学校中学年の頃、当時住んでいたアパートの前にある並木の下で弱っているスズメを拾った。雨に打たれて震えていた。なんとかして生かそうとしたのだけど、図鑑で調べても分からず、次の日には亡くなった。昨日まで生きていたスズメが今日は唯のモノになってしまう。生とはこんなにも脆いものなのかと子供心に思った。スズメを並木の下に穴を掘って埋めた。
大人になってしまった今思えば奇怪な行動をしているものだ。
その翌年か、雪がたくさん降ったある日、子供が良くやる秘密基地ごっこ遊びで作った秘密基地の屋根(何処かから拾ってきたコンパネ)に登っていたところ、足を滑らせて2m位の高さからドブ川に落下して本当の意味で死にかける。
指先なんかはもう自分の意思で動かない。コンクリートの側溝は1.2mくらいあって上がれない。助けを呼んでも深々と降る雪に掻き消されて誰も来ない。あの時は本当にこのまま死ぬかもしれないと思った。
段々と指先から膝や肘が動かなくなってきて、いよいよヤバいなと思ってから、何故か生きたいと言う生存本能の様なものが沸き起こり、色々汚い場所を通り抜けて何とか地上に這い上がり、今へと命をつなげる事ができている。
中学生の頃、曾祖父が亡くなった。痴呆が入って自分の事を認識してくれなくなってからは余り会いにも行かなかったのでそこまで心に傷を負わなかったが、後々になって曽祖父に忘れられてしまった事や自分の曽祖父への思いは自分だけのものだったのだと理解して泣いた。
色々と昔話を聞かせて貰った。イカれた人生に思えた。横浜に紡績工場を建てて戦争で焼かれて借金返す為に山を売ってとかね。北海道の開拓のためにタコ部屋にいたとか言う話も聞いた。バイタリティが凄いな、と思った。
次は母方の祖母が亡くなった時に死について考えた。コレは以前に小説にもした。次に父方の祖父。コレも小説にした。
今年の春、父方の祖母、母方の伯父を相次いで亡くした。矢継ぎ早だったので考える余裕もなく今までやってきてしまっている。
今年は沢山の思い入れのある人たちがこの世を去っていった。
取り残されたようなそんな感覚がある。
41歳の自分は年末に向けて黄泉路を歩く。
42歳になるために。
もう一度死について考えてみようか、と思う体調不良で何も出来ない日のこと。

ゲームボーイのこと

ゲームボーイグランドセイコースプリングドライブではないのか!そもそも発売された時点で完成されていたのではないか!?』

 


……と言う妄想で今朝目を覚ました。

 


僕は1989年製のゲームボーイをずっと持ち続けている。最初期に近いもので日本製かつ特殊ネジを使用していないモノだ。

先日Twitterで自分のゲームボーイとSaGa2秘宝伝説の写真をアップしたところ同世代と思しき方々からのいいねとコメントを頂き、何というかこんなにもゲームボーイと言う単一のプロダクトでつながりが出てくるんだな、ととても嬉しく幸せな気持ちを得られた。

ゲームボーイは歴史が古く、其れこそゲームボーイ用のソフトは2003年2月発売のゲームボーイアドバンスSPまで遊べた。14年間もハードが存在しなくなると言う恐怖に怯える事なくゲームを楽しめたのだ。

名称も2005年9月発売のゲームボーイを冠する最終機のゲームボーイミクロまで含めると16年の歴史となる。

それこそこじつけになるが、2006年3月発売のDS Liteまでは2008年11月にDSiにバトンタッチするまではゲームボーイアドバンスのソフトが遊べた。足掛け19年もの間ゲームボーイという言葉は普通に使われていた。

TVゲームの総称として使われる偉大なる『ファミコン』には敵わないけども。

 


昨日、夜中にふと。

一昨日色々と確認をしようとして引っ張り出したバックアップ用のゲームボーイの液晶レンズが外れてしまったため、液晶のライン抜け修理と同時に直してしまおうと思い立った。ハンダゴテで修復するのが主流だけども自分はドライヤーで治す。熱する場所はハンダと変わらないのでやる事は基本的に変わらない。液晶の下部を押し付けながら熱する、それだけである。

毎度の事なのでしばらく熱して冷まして確認して圧着させて機動実験して修理完了。

このアナログな作業はどこか機械の修理を彷彿とさせる。完全なる機械を修理して調整して使うのが好きだ。古い時計とか自分では直せないがずっと使い続けていけると言う安心感があるした部品が目に見えてあるので最悪の最悪部品を作れば生き返る。

それに似た感覚がゲームボーイにはある。集積回路に関してはハードルが高いが、構造がまだまだ単純なのでアナログな修理が出来たりするので後継のゲームボーイシリーズの様にダメな部品は即交換と言う味気のない道具で無いところが愛着が持てるのだと思う。

そんな初代ゲームボーイは完全機械とデジタルの間にある様な風に思えるのよ。

ウルトラシリーズの発明者である横井軍平氏が関わったゲーム機だからと言うところもあってデジタルなゲーム機なのだけどアナログチックなそんな暖かみのある機体。

アナログとデジタルの中間に位置するそんな感じのイメージが夢の中で再生されて思わず目覚めの際に言った言葉が冒頭の『ゲームボーイグランドセイコースプリングドライブではないのか!そもそも発売された時点で完成されていたのではないか!?』である。

そんなこんなでいつまでも使い続けられそうな初代ゲームボーイをコレからも使い続けていこうと思うのであった。

ドラゴンクエスト3の記憶

社会現象になったゲームだったな、とこの記憶を辿ろうとすると思い出す。

ただ、父が何処かで予約をしていたお陰で比較的早いうちにプレイ出来たと思う。

1、2と続いた荘厳なタイトル画面はなくただただ真っ黒な画面に白地でメニューが出てくる仕様だった。

このゲームはクリアまでとても時間が掛かった記憶が残っている。

プレイヤーが真に戦うべき相手はバラモスなんかじゃなくて、セーブデータだった。

パスワードは良かったんだが例えその一回をミスっても前回のパスワードが生きていれば復活できるのだから。

バッテリーバックアップは、完全なる消失だからな。

何度パスワード制の方が良かったと思った事か。

結局、クリアしたのは半年くらいたった後だったと記憶してる。

ゲームの内容に対しての記憶は少なく、とにかく呪いの音だけがとことん嫌いになった。

ファイナルファンタジー外伝 聖剣伝説の記憶

とても綺麗な箱だ。

手に取った時そう思った。

白い箱に幻想的な剣とも杖とも取れる絵が描かれている。ファイナルファンタジー外伝 聖剣伝説と書かれている。

何かわからないけどそのパッケージデザインにドキドキした。

ゲームボーイにセットして流れ始めたメインテーマはSaGaシリーズとは違う何処か優しくずっと聴いていたいと思うメロディだった。

ゲームを始めてみるとアクションRPG

レベルが低くてもプレイヤースキルが有れば進めていけるある意味時間を掛けずにクリア出来るゲームだった。

ストーリーの始まりはラピュタだとかナディアだとかと重なる感じで小学生の自分はとてものめり込んだ。

ゲームでボーイミーツガールが出来るんだと展開に期待しワクワクしながらゲームを進めていく。

そのストーリーは中盤からとても重厚で、ヒロインに好きな人の名前をつけた事を後悔する事になった。

加えて人の想いを守る事とは、と考えさせられた。

いつしかレベリングにハマり聖剣伝説はSaGa2と僕の時間の奪い合いをした。

今でもレベル99でステータスも全て99のジェマの騎士はいつでも手が届く棚の上に居る

ゼルダの伝説の記憶

家にもあった事を思い出す。

先ずはディスクシステム

いつの間にか家にあって、起動は電池で行なっていた。親父が買ってきたのは間違い無いのだが小豆色の筐体。

ディスクを読み込まないとブザーが鳴るんだったか?

ゼルダの伝説

コレもその時に初めて触れたゲーム。

RPGはコマンド方式のものしかしたことが無く、アクションRPGは難しいと感じた。

そもそも後年になって知るのだがゼルダの伝説は謎解きゲームなのでもしかしたら当時の自分の年齢とか経験にそぐわないゲームだったのかもしれない。

何はともあれタイトル画面がとても好きだった。延々と流し続けるくらいに好きだった。

結局クリア出来たのかどうか思い出せないけど、トライフォースは全部集めたはず。

ファミコンのリメイク版は手元にあるしGBA版も手元にある。

3DSのDLコンテンツも保有してるWiiUにも入ってたような?

クリアしようよ俺。

そしてセーブデータがハードの垣根を越えて共有出来る事が自分にとってのゲームの理想かな、と思う。

マルチで発売はどうでもいいんだ。

セーブデータの共有さえしてくれれば本当に其れで良いよ。

サマーウォーズの様なあんなイメージでハード性能も全て超えてセーブデータが共有されるそんなゲームが欲しいな、と思ったらマインクラフトがあったわ。

キングコング2怒りのメガトンパンチの記憶

未だに忘れられないし好きなゲーム。

どういった経緯で今自分の手元にあるのかも忘れてしまったが、発売当初よく友達と遊んだ。

そろそろ嘗ての友達に名前を与えた方がいい気がしてきたので名付けよう。

櫻ノ海の感覚で。

最古の友達「宮城竜也」

幼稚園からの友達「池上勇太」

悪友「相澤智哉」

1990年以前の話は主にこの三人と櫻ノ海に出てくる「三国良太」が絡む事になるので良かったら櫻ノ海読んでください。

と宣伝はさておき。

キングコング2は宮城との思い出が多い。

そもそもキングコング2をクリア出来たのは宮城との共闘があったからで、2、3時間かけて宮城の家でクリアした思い出がある。

そしてキングコング1はいつ発売されたのかとか俺は持ってるぜとか言う今からしてみればオカルトじみた話題もあったなぁと。

みんなでワイワイ言いながらプレイしていた事を思い出せただけでも収穫だな。

先日起動させてみたけどフィールド音楽も良いし、ボス戦の音楽も燃える。

そもそもKONAMIだったわ、このゲーム。

ファイナルファンタジー3の記憶

母に買って貰った。

嘗て富山県にあった西部デパートのおもちゃ売り場。

レジ前のカウンターの中にとことん値引きされて転がっていた。

パッケージがとても綺麗で、でも3?こんなゲーム知らないやと思いながら確か新品2980円で買ってもらったはず。

家に帰って早速やってみたけれども青い画面に白い文字でその頃の自分が思っていたタイトル画面もなくなんだか安っぽいゲームだな、と。

だから安かったのかな?とかそんな風に感じていた。

名前を付けたらいきなり洞窟の中に放り出されてよく分からないうちに戦闘が始まる。

戦闘画面に驚いた。

自分の操作しているキャラが見える!動いてる!

そんなこんなで初回プレイはアダマンタイマイにやられて一度投げ出した。

遠い記憶。

忘れていた記憶。

思い出したら暖かくて、なんか安心出来る。